ステンレスキッチン天板穴塞ぎ
7 9月

ステンレスキッチン天板穴塞ぎ

今回は、バイブレーション仕上げのステンレスキッチン天板穴塞ぎでした。
お客様のご希望で、対面キッチンコンロ前のガードパネルがいらないとのこと、ガードパネルの取り付け穴を塞ぐ作業です。10mmのあなを4つ塞ぎ、バイブレーション仕上げにして穴跡が分からないようにします。レーザーカットした1.5mmのSUS304のプレートを岐阜のステンレス製品加工工場に頼み作ってもらいました。

↓ 修理前
ステンレスキッチン天板穴塞ぎ
↓ 修理後
ステンレスキッチン天板穴塞ぎ

今回は穴塞ぎに、パンチで打ち抜いたプレートを使わずに、レーザーで切り抜いたプレートを使いました。レーザーカットのときに熱が加わったからか、分かりませんが、溶接の「つき」がパンチで打ち抜いたものより悪い感じがしました。単に溶接電流を低めにしたからかもしれませんが・・・。

作業は、予測以上の時間がかかってしまい、完成写真を撮るころには、すっかり陽も落ちてしまい、光が照明だけなので修理前の写真のイメージとは違って見えます。養生のダンボールの汚れが修理の過酷さを物語っています。

作業が遅くなったのもあり、途中、お客様のキッチンメーカーの人がたくさん見学に来てくださいました。いろいろ説明説明させて頂き、実演の「営業」になったかもしれません。キッチンシンク凹みの修理前後の写真が付いたDM用のハガキも配りました。

現場は北海道札幌市厚別区でした。

在主栄光

DM用のハガキがほしい方はご住所をご連絡いただければお送りします。

t-smile.link
北海道札幌市を拠点としステンレス補修・修理など住宅関連の出張サービスを提供します。